棒人間がかわいい無料ゲームアプリたち

棒人間がかわいい無料ゲームアプリたち

ドットゲームス編集部
最終更新日 2018/8/8 14:33
関連するアプリ一覧ページ: スマホゲーム

棒人間は紙とペンがあれば5秒で描ける一番シンプルな人間の全身図です。テストの端っこに暇つぶしでなんとなく描いたことのある方も多いのではないでしょうか? 筆者も小学校の時に見直しを忘れて熱中した結果赤点を取って顔面蒼白になったことがあります。

単なる線と丸の集合体に見えて、その表情は非常に多彩なのが棒人間の魅力です。棒人間は人物画の基礎の側面を持っており、イラストの下書き、一番最初にバランスをとる時に用いることが多いと聞けば、少し印象が変わるかもしれませんね。

今回はそんな棒人間の魅力が楽しめるゲームを集めました。

■『とどけぇぇえ+』

『とどけぇぇえ+』は絶壁の崖に立った棒人間が主人公です。プレイヤーは棒を渡して彼を対岸に連れて行きます。かなめとなる棒の長さをコントロールするのが『とどけぇぇえ+』の目的となります。画面中央に置かれたボタンを押すと棒が縦に伸び始め、離すと止まります。チャンスは1回。一度離すと棒は倒れ、棒人間がそれを渡っていきます。長さが足りなかったり、対岸をはみ出すほど長くなってしまうと棒人間は落ちてしまいます。うまく対岸に渡ることができれば、次の対岸を目指してエンドレスに続きます。

棒の長さを程よいところで止めるのが重要なのですが、棒は先述の通り縦に伸びるため、対岸に届くか、突き抜けないかは勘に頼ることになります。『とどけぇぇえ+』の面白さはこの勘が勝敗を分けるところにあります。ゲームを進めるにつれ対岸は狭くなりやすく、崖同士のスペースも大小様々なものが出てきます。ボタンを押して離すのみ、とテンポよく進んでいくと独特のリズムが生まれて中毒性が出て来る魅力的なゲームです。

■『ぶらんこ』

『ぶらんこ』はブランコを漕ぐ棒人間が主人公です。が、ブランコを漕ぐのは主目的ではありません。棒人間の靴を飛ばして標的に当てるのです。操作はシンプルに前に漕ぐ、後ろに漕ぐ、靴を飛ばすの3つのボタンを用います。しかし、このゲームはなまなかには行きません。

『ぶらんこ』は物理演算エンジンを用いており、ブランコや棒人間、靴に障害物に標的といった登場するものすべてがかなり独特な挙動を見せるのです。まず、ブランコからして一般に置かれているブランコのような動きを見せません。少し勢いをつけて漕ぐとすぐに一回転するようになります。慣性も強く乗り、主人公はすぐにぐるぐる回ってしまいます。

でも安心してください。逆の向きへ漕げば急速に減速します。この時点でブランコとは何かという不思議な気分になりますが、靴を飛ばすと更に不思議な世界が繰り広げられます。勢い良く飛んでいった靴はまるでスーパーボールのように跳ね回るのです。障害物も勢い次第で跳ね回り、標的はその影響であらぬ方向へ転がっていくことも多々です。

さらに言えば、そもそも棒人間が履いている靴が謎です。なんと最初のチュートリアルの時点で十個履いています。後半では何十個も携えています。しかし、それだけあってもクリアできないステージが多々あるので、通常通り一足二個だけではとても太刀打ちできません。シンプルなようでいてハチャメチャな見た目と高い難易度が魅力のゲームとなっています。

こうした棒人間を用いた無料ゲームアプリが多いのには理由があります。ゲーム制作において、個々のパーツをバラバラに動かせ、同時に向きによって絵を差し替える必要のない棒人間はとても動かしやすいキャラなのです。今回ご紹介した無料ゲームアプリで、単純ながらもいろいろな表情を見せる棒人間の魅力を存分に味わってみてください。

関連するアプリ一覧ページ: スマホゲーム

最新アプリランキング

Apple Inc.が運営するApp Storeの03月25日 00:03 のランキング情報を元にランキング記事を構成しています。

ストアに接続中...