面白い無料ゲームアプリの最新情報
【日本最高峰】人気スマホゲームの歴代売上ランキング

【日本最高峰】人気スマホゲームの歴代売上ランキング

注目株!無料でも楽しめる厳選おすすめゲームアプリ

【おすすめ!】本当に面白い無料アプリゲームランキング!iPhone, Android(アンドロイド)対応おすすめ名作ゲームアプリ

 

スマホゲームの歴代売上ランキング

現在成長を続けているモバイルアプリ市場、2015年から2016年にかけ全世界のダウンロード数は15%増加しました。

更に、その中でもAppStore、Google Play共にスマホゲームの市場利益は年々増加しています。

ちなみに日本におけるスマホゲームの市場規模は

2011年が480億円 2012年が2610億円 2013年が5600億円 2014年が8950億円 

2015年が9250億円 2016年が9450億円

実に5年で20倍近くまでに膨れ上がっています。

そこで

今回、成長めざましいこの市場についてスマホゲームの歴代売上ランキングと一緒に調べてみました。

 

スマホゲームの始まり

スマホゲームの始まりは、2008年の7月に日本で、iphone3Gが発売開始されてから始まります。

iphone発売当初に売上を伸ばしたのは本体を傾けてボールを転がすようなシンプルなゲームが受けてました。

そして2009年の7月に日本初のAndroidスマホ発売開始。

ここからどんどんスマホゲームは発展していくことになります。

2010年にはファイナルファンタジーⅠ、ⅡやストリートファイターⅣの発売開始など

大型タイトルのスマホ版への移植が始まりました。

2011年の6月にはのちにメッセージアプリの定番となるLINEが公開されました。

この斬新なメッセージアプリ、LINEの発展と共に日本のスマホの普及率は

飛躍的に上がっていくことになります。

 

ソーシャルゲームの発展、日本のゲームが世界でTOPに!

2012年に入ると歴代収益ランキングにランクインするスマホゲームのビッグタイトル等が続々と公開されて

いくこととなります。

日本ではガンホーオンラインのパズル&ドラゴンズ、LINEゲームがスタート

海外ではスーパーセルからヘイ・デイ、クラッシュ・オブ・クランが公開されました。

2013年に入ると

日本のスマホのクイズゲームの代表格とも言える黒猫のウィズや

RPGの代表格とも言えるブレイブフロンティア、チェインクロニクル

のちに世界の収益ランキングのTOPに輝くこととなるモンスターストライクが公開されることとなります。

モンスターストライクの発展とともに低迷が続いていたミクシィの業績が復活。

更にAndroidから位置情報ゲームのingressが公開されました。

2014年になると

白猫プロジェクトやテラリア、グランブルーファンタジー、ファイナルファンタジーレコードキーパー

実況パワプロプロ野球などが公開。

2015年には

ファイナルファンタジーⅦ、Ⅸ、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ、

星のドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス

ドラゴンボールZドッカンバトル、Fate/Grand Orderなどが公開

2016年には

ポケモンGO、聖剣伝説、ロマンシングサガ2、シャドウバースなどが公開されることになりました。

 

歴代ダウンロード、歴代収益ランキング

さて、ここまでは日本のスマホゲームの公開の歴史を振り返ってみましたが、それでは本題のランキングについて

発表していきたいと思います。

以下

APP Annieの市場データを参考にさせてもらいました

 

世界歴代ダウンロードランキング

             ゲーム     会社    リリース日
1 Candy Crush Saga King 2012 Nov
2 Fruit Ninja Halfbrick Studios 2010 Apr
3 AngryBirds Rovio 2009 Dec
4 Subway Surfers Kiloo 2012 May
5 Despicable Me Gameloft 2013 Jun
6 Clash of Clans Supercell 2012 Jun
7 Temple Run Imangi 2011 Aug
8 Angry Birds Rio Rovio 2011 Mar
9 Tempie Run 2 Imangi 2013 Jan
10 Words With Friends Zyuga 2009 Jul

このようになっています。こちらは2010年の7月〜2015年7月までのDL数です。

このようにランクインしたタイトルは古くは2009年から始まり長年楽しまれているゲームが多いです。

 

世界歴代収益ランキング

   ゲーム    会社   リリース日
1 Clash of Clans Supercell 2012 Jun
2 Candy Crush Saga King 2012 Nov
3 パズル&ドラゴンズ Gungho Online 2012 Feb
4 Game of War Machine Zone 2013 Jul
5 モンスターストライク Mixi 2013 Sept
6 Hay Day Supercell 2012 Jun
7 Boom Beach Supercell 2014 Mar
8 Slotomania Caesars Entertainment 2011 Nov
9 Big Fish Casino Churchill Downs 2012 Aug
10 The Simpsons Tapped Out Electronic Arts 2012 Feb

こちらも2010年7月〜2015年の7月までの歴代収益ランキングです。

ランキングの中に日本のスマホゲームの代表格と言える

「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」が入っていますね。

この2つのビッグタイトルはその収益の大半が日本が占めているんですが、それによって

日本のゲームアプリ市場の大きさが解ると思います。

歴代のダウンロードと収益のランキングに共にランクインしているゲームは以下の2つのみです。

 

「Clash of Clans」

街づくりとマルチ対戦ゲームが入り混じった対戦ゲーム

口ひげを蓄えたパワーファイターのバーバリアンや魔法を操るウィザード

壁を壊すのが得意なウォールブレイカー

果てはドラゴンなどのモンスターなどの個性豊かなキャラクターたちで他のプレイヤーとマルチ対戦

もちろん他のプレイヤーも自分の街に挑んできます。

大砲や壁などの防衛施設を建設し、街を保護しましょう。


 

 

「Candy Crush Saga」

王道の3マッチパズルゲーム

キャンディーを4つ以上並べると作ることができ、たくさんのキャンディを一度に消せる

スペシャルキャンディーやお助けアイテムを駆使して、クリア条件を満たし

ステージを進めていくゲームです。

 

2016年、世界スマホゲーム売上ランキング

 

1 「モンスターストライク」

 

モンスターを引っ張りハンティング

魅力的なモンスターたち、多種多様なギミックとそれに対応するアビリティ

属性の優位なども考慮し、降臨、超絶、爆絶の難関ステージをクリアしよう。

現在、物語シリーズとコラボ中(2017年8/8〜9/2まで)


2 「Clash Royale」

リアルタイムで世界中のプレイヤーと対戦できる戦略カードゲーム

自分のタワーを守りつつ、相手のタワーを攻撃するシンプルなルール

様々なキャラを駆使して、全てをこの3分にかける!


3 「リネージュⅡ」

オンラインゲームの有名タイトルがスマホゲームになりました。

ただ、こちらはまだ日本では公開されていませんが事前登録の受付はしています。(近日公開予定)


4 「Fate/Grand Order」

このゲームはアニメにもなった「Fate」をモデルとしたゲームです。

アーサー王やクーフーリンなど伝説の人物が英霊(サーヴァント)となって

プレイヤー(マスター)は英霊を編成し、世界の謎を解き明かしていくことになります

 


5 「Clash of Clans」 

こちらは上記させていただいているので割愛させてもらいます。


6 「Mobile Strike」

リアルタイム戦略MMORPG 兵隊を育成、戦友と協力、同盟に参加しよう

強力な舞台を作り、武器、装備、兵器を駆使して戦場を勝ち抜こう!


7 「パズル&ドラゴンズ」

パズルゲームとモンスターを育成する育成ゲーム、育成したモンスターは進化させると更に強いモンスターへ変化する

強力なスキルを使ってダンジョンを制覇しよう!


8 「Hero Moba」

2015年リリースも現在中国語のみ、日本では公開されていません。


9 「Pokemon GO」

位置情報ゲーム ポケモンGO 

当初登場していなかった伝説のポケモン(サンダー、ファイアー、フリーザー、ルギア、ホウオウ)もジムバトルで登場するようになり

更にゲームの幅が広がりました。今後ポケモンの種類が増えていくことでゲームも更に面白くなっていくでしょう。


10 「Game of War」

リアルタイムアクションバトルRPG

巨大な戦場で繰り広げられるスリルに満ちた戦い、英雄同盟を結成して

同志たちと戦いを勝ち抜こう!

 

いかがだったでしょうか?

歴代の収益ランキングを見るとこの日本のゲーム市場がランキングに及ぼす影響が大きいことがわかりました。

今後も日本のゲーム市場から目が離せませんね!!

 

記事内の画像は全てライターのスクリーンショットです。

カテゴリを絞り込む

関連するカテゴリから探す

おすすめ人気記事

最新のアプリランキング

ゲームアプリジャンル一覧

アプリジャンル一覧

ストアに接続中...