世界を救うエージェントの窮地を救おう!ディズニーが贈るアプリゲーム「ペリーどこだ?」

世界を救うエージェントの窮地を救おう!ディズニーが贈るアプリゲーム「ペリーどこだ?」

ドットゲームス編集部
最終更新日 2018/8/7 15:06
関連するアプリ一覧ページ: スマホゲーム

ペリーと聞いて「黒船」とか思うのは幕末好きか、ある年代以上の人か。紛らわしいけど歴史ゲームではありません。
カートゥーンネットワークやディズニーチャンネルで有名な「フィニアスとファーブ」の中に出てくる、ぼんやりとしたカモノハシのペットがペリー。
でも実はこのぼんやりしてる四角い格好は仮の姿で、実はドゥーフェンシュマーツ博士による悪の陰謀を阻止し世界を救っているスパイ。
本当はエージェントPと呼ばれている凄腕なのです。結構じわじわと人気が出ていて、知る人ぞ知るというキャラ。今回はその凄腕エージェントPが活躍するアプリゲームをご紹介しましょう。

子供と一緒に遊べる物理パズル

世界を救うために颯爽と移動用チューブに乗り込むエージェントP(ペリー)ですが、チューブの起動を助けるジェネレーターが出力不足で
立ち往生してしまいます。そのジェネレーターを起動させて目的地までペリーをゴールさせるのが目標になります。
世界を救うヒーロー・エージェントPはチューブに乗り込んだまま役立たずなので、しっかりとフォローするのがプレイヤーの使命です。
出力を上げるには、ジェネレーターまで水や蒸気を送ってあげる必要があるのですが、水や蒸気の動きが非常にリアルなのでタイミングやコツが問われます。
子供向けに配信されているので、単純な物理パズルゲームとして楽しめますが隠し要素もあり。隠された極秘ファイルを見つけようとすると、途端に難しくなるので大人もハマります。
子供も楽しめ、大人も楽しめるゲームバランスはかなり優秀に出来ているのでたかがディズニー、たかがパズルと思うと痛い目をみるかもしれません。

水や蒸気の変化がまるで理科の実験みたいで楽しい

ジェネレーターの水を氷に変える「クールネーター」や蒸気に変える「ヒートネーター」などがあり、単にジェネレーターに出力をかけて起動させても、
簡単にクリアできないエリアもあり、「ヒート」と使って一旦ペリーをある位置まで移動させておいて「クール」にして出力ダウンなどで障害物をやり過ごさせたり。
水の変化を楽しめるのはまるで理科の実験をしているようで面白いです。お子さんや小さい子と一緒に遊べて、教えてあげたり色々思い出したりなどこちらも「売り」のひとつかもしれませんね。
ジェネレーターまで沢山のルートやギミックがあるので、ステージや水の動きをちゃんと観察しないといつまでたってもペリーは世界を救えない、なんて事になるかもしれないので、
どのルートなら安全着実にジェネレーターまで届くか考える必要もあります。

王道RPGや派手なアクションゲームに疲れたら、たまにはこんなアプリゲームもいかがでしょうか。
外見が面白くて一見とっつきにくいかもしれませんが、一度「ペリー」のゆるい可愛さ(格好良さ?)に触れたら癒されるかもしれませんね。

 

関連するアプリ一覧ページ: スマホゲーム

この記事で紹介されたアプリ

最新アプリランキング

Apple Inc.が運営するApp Storeの03月25日 00:03 のランキング情報を元にランキング記事を構成しています。

ストアに接続中...